So-net無料ブログ作成
検索選択
カウンセリング ブログトップ

カウンセリング [カウンセリング]

今回はカウンセリングも入れてもらいました。

厳密にいうと2度目なのですが
先生も代わったとのことなので
初カウンセリングです。

同意書に署名をして。
(前回書いているんですけど~、と受付で言ったら
先生が代わったので、とのことで再度です)

診察が混んでいるとのことなので
カウンセリングが先になりました。

臨床心理士さんはお若いけど穏やかな雰囲気の先生。
空気も話し方もほんわりし女性です。

医師である先生からおおまかなことはおききしていますが
細かいことはご本人からということになっているので
こちらに通い始めた経緯やカウンセリングを受けようとした
きっかけなどをお話くださいますか」

ということなので

内心はまた同じことを話さなければいけないのか、と思いましたが
淡々と。


あのときは話して余計に傷を思い出して落ち込みましたが
今回は時間がたっているからか、さほど落ち込まず
冷静に話せたような気がします。

前彼に関しては

彼ががんから復帰して社会活動している人のリンクを貼ったときに
もし私が大きな病気になったらどうする?と話していて

「自分が中間の腫瘍をしているからできるだけのことはしてあげたい」

そう言っていたのに。

実際、私がそうなったときに見捨てられたのが一番ショックだったんだなあと
自分で話していて改めて感じました。

彼のその言葉がなければ重荷になるから仕方ない、と私なりに割り切れたのにね。

彼も自分とお弟子さんでいっぱいいっぱいでしたから責める気持ちはないですけど。



自分にとって根深い問題は別にあって・・・。

よい年齢になっているのにいつまでも、とは思いますが
うまく捉えられないのでしかたがありません。


「続けられそうですか?」

という臨床心理士さんの言葉にも今回は頷けたので
しばらくカウンセリングを受けてみようと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

大切なものだから [カウンセリング]

先日は2度目のカウンセリングでした。

「最初から約2ヶ月ですね」

前回はキャンセルしてしまってすみません。

「こちらこそ早く連絡いただいたので助かりました」

前日に連絡したというのに素敵な対応です。
こういうところは見習いたいな。

生理痛がかなり重いこと、そのときに1時間近くは
ちゃんとお話できないことを伝えました。

「その後はいかがでしたか」

一つの仕事終えて燃え尽き症候群みたいなところがあること、
レッスンでも生徒の感じ方を気にしすぎて疲れること。
去るものは追わずの精神でいなさいと恩師にアドバイスされていても
何かある度に落ち込むこと。
柔らかい雰囲気での先生なのでスキルで対応という感じではなく
私もお話しやすかったです。
心理士の先生はパソコンではなく手書きでずっと動いていたような。
短時間でずいぶん話しましたね。

あとはこのところの悩みの友人関係を長々と。
ピアノメンタルのことは整骨の先生に話せても友人関係の
話はできないですから。もちろん親にも。
この辺が自分の中ではずいぶん鬱屈していたみたいです・・・。
いろいろお話していて、結局自分で結論となる言葉を言っているわけですが
薄々感じていたことを口にして改めて私の本音ってそうなのね、と。

納得できる1小節を作り上げるのにどれだけ神経と労力を費やしたか。
そういう努力を放棄した友人に同じレヴェルで語ってほしくない。
そんなプライドだと思います。

大震災以来、絆ということが言われているけれど
自分は逆に薄くなっている気がするということも。

一時近くて濃い関係だったとしても必要なときが過ぎれば
また適度な距離に変わっていく。
今はそんな感じで誰とも距離があります。

自分が大事に思わない限り人からは大事に思われないのは
わかっているのですけど。
自分を大事にしないと人も大事に出来ないこともわかっているけど。

「大切な人」
「大好きな人」

その辺はまだちゃんと感情の折り合いがついていないんです。

尊敬している人はいるけれど大好きという無邪気で素直な
感情はまだ蓋で閉ざされている感じ。

深く信じていた彼に見捨てられたことで
もう自分を一番大事にしてくれる人はどこにも
いないって考えてしまうし・・・歪んでいますね。

自分が求めていたものをもっている師匠に出会えて極めるための
階段ができたのが今の希望であること。
苦しくても手放したくないこと。

それでもレッスンで師匠に言われたことが引っかかって
そこからなかなか立ち直れないこと。

「大事にしてきたものだから、頑張ってきたからこそ
傷ついたのではないですか。大切なものだからだと思います」

穏やかにそう言われたときにはちょっと涙腺が緩みそうに
なりました。

演奏家の方の世界は知らないのでそれだけ真剣にやっていることを
きいてすごい、と。

心理士の先生には今の私の生きる理由が音楽だけに感じられたのかもしれません。
事実、そうですけど・・・。

無理をしすぎないでと言われました。

最後に何かありますか、ときかれたので
自律神経訓練法のことなんですけど、と言ったら

「〇〇医師からお聞きになりました?」

一度、自立神経訓練法とか、と言われただけですけど。
それ以前から気になっていたので。


私が演奏前にするイメージ方法があってこんな感じですか?と
きいたら似ているようです。
職業柄イメージトレーニング法はたくさんもってます)
自律神経コントロールの本はどこかにあったはずなのに
前日ふと思い出して探しても見当たらない。
そうなると妙に気になる(苦笑)
ずっと読んでいなかった本なのにね。

自律神経訓練法のことは次回一緒にやってもらうことになりました。
ちょっと楽しみ。

風が強かった日なので帰宅方法や待ち時間のことなど
帰り際まで優しい心遣いをしてくれた心理士の先生でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

心地よい時間 [カウンセリング]

今日は心療内科の診察の前にカウンセリングでした。

混んでいてちょっと驚きました、と言ったら
4月から平日の診療体制が変わったとのこと。
院長先生の他にも診察してくれる先生がいるそうです。
それだけ悩んでいる人が多いのでしょうか。

「座るところはすぐに見つかりましたか」

え~・・・はい。
空いているところはあったんですけど
あまり得意ではない場所なので・・・。

そういうことも優しく受け止めてくれる心理士さんです。


今は敏感な時期なのでBGMのイージーリスニング系もちょっと嫌。
(普通のピアノの音よりはよいですけど)
ちょうど周波数が耳に障る音だったりするわけです。
ピアノとは関係なくてもちょっと嫌な音だったのでそろそろ耳栓を
しようかな、という段階で呼ばれました。

そんな流れで、不快な音について。

来る途中でもすれ違った人の声で涙がでてきそうになりました。

自分について何か言われているという被害妄想はなく
あまりにも強い口調で不意に飛び込んでくると関係なくてもダメなんです。
荒々しい話し方やトゲトゲした口調だと特に心に突き刺さります。

心臓が驚く感じですか?」

はい。
俗に言う、心臓に悪いという感じです。
他の人に対する言葉であっても私の心にグサッときて
しばらく引きずります。

ドアのノックの音も。
予期している場合はまだ大丈夫ですが
不意に、だと異常に怖がります。


(医師である)先生にお話しても「鈍くなったら困るでしょう」で終わりました。
私としてはキャパが狭すぎるので困るんですけど。

「他に嫌なことはありますか?」

香りです。
湿度で変わるアロマにも敏感で。
ここの香りもダメな日があって、それはマスクで対応しているんですけど。

先生は決まっているから変えられないとおっしゃいますが 
湿度やその日の気温によって香り方が違うんです。

もちろん、私が過敏になっている時期は仕方ないです。
自然に咲くお花でも強すぎると感じるときはありますから。


「今、心地よいと感じるときはありますか?」

う~ん・・・
何も考えずに、というと難しいですね。

あ、入浴シャンプー、かな。

する前は今日はいいかな、と毎日面倒に思うんですけど(苦笑)
頭は使うし、こっているのでマッサージしながら
シャンプーするとスッキリします。

あとはお風呂に入ると体がゆったりする感じがあるので
身体も自分が思った以上に疲れているのかな、と。

上記は心理士さんにお話した内容なのですが、
夜になって思い出したのですが、洗顔後に化粧水をつける瞬間は好きです。
肌や細胞に染み渡っていく感覚が好き。
朝も同じように洗顔して化粧水をつけているのに全く感覚が違うんですよね。
朝はこれから頑張ろう!という感じで夜はご褒美的なのかな。
夜の方が染み込んでいく感じます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

カウンセリング ブログトップ