So-net無料ブログ作成
検索選択
入院お供グッズ ブログトップ

動物のお医者さん [入院お供グッズ]

私の中で歴代ベスト5に入る
お気に入り漫画
「動物のお医者さん」

私は↓こちらのタイプで全12巻もっています。


動物のお医者さん (1) (花とゆめCOMICS)

動物のお医者さん (1) (花とゆめCOMICS)





漫画が連載されていた頃はあまりのチョビの可愛さに
ハスキー犬が飼いた~い!と言っていたものです。
そんな私に姉は犬を飼ってもチョビみたいに
しゃべらないよ、と冷静な一言。
それはそうだけど・・・気持ちは通じるじゃない!

今回体調がよくないときには読み返しました。
やっぱり癒されます
見た目は菱沼さんに似ているといわれたけど
痛みには鈍感じゃありません、私。


こちらの文庫本タイプもありますね。


動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)

動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)

  • 作者: 佐々木 倫子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: 文庫




表紙の絵が違うのでまたそろえたくなってしまいます。

内容はほとんど記憶しているんだけど
何度読んでも楽しめるので
病院にもお供してもらおうと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

グーグーだって猫である [入院お供グッズ]

2年前くらいかな?
ちょうど映画が公開されるときに
作者の大島弓子さんが卵巣腫瘍(結果は卵巣がん)で手術
その後、完治されていたことを知りました。

その頃の私は自分も近い病気になるとは
まったく思っていなかったです。

猫好きな私は漫画を買うことに決定♪



グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)

グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)





グーグーだって猫である2 (角川文庫)

グーグーだって猫である2 (角川文庫)

  • 作者: 大島 弓子
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/07/25
  • メディア: 文庫




グーグーだって猫である3 (角川文庫)

グーグーだって猫である3 (角川文庫)

  • 作者: 大島 弓子
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/02/25
  • メディア: 文庫




私はこの文庫本で購入しました。
こちらも病院へお供してもらいます♪



にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

入院中の心の友 [入院お供グッズ]

入院中は暇だろうと本や漫画などをいろいろ
もっていきました。
でも麻酔の影響か頭も疲れてダメですね。
細かいものは体、特に目に負担がかかります。

ということで肩のこらない雑誌などがおすすめです。
写真集などもいいかも。


私が一番読んでいたのは
「グーグーだって猫である」の2巻。


グーグーだって猫である2 (角川文庫)

グーグーだって猫である2 (角川文庫)




著書の大島弓子さんは卵巣がんで手術されてます。
腫瘍が悪性だったわけですが、そのときの様子と
その後の治療が淡々と描かれています。


こんな感じなんだ、と思うと手術も腫瘍が悪性だったとしても
不思議と気持ちが落ち着いた気がしました。

手術の結果、私の場合は取り除いてしまえば大丈夫という
境界悪性だったわけですが。


これから手術を受ける方で不安に思っている方も
ちょっと気持ちが軽くなれるかもしれません。


もちろん猫たちは可愛いので普通に読むのもお勧めです。

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

入院お供グッズ ブログトップ