So-net無料ブログ作成
検索選択

ため息 [音楽小話]

リストの3つの演奏会用練習曲の
第3番が「ため息」
1848年頃に書かれた作品です。

「ため息」というタイトルはリストが名付けたものではありません。
のちに「3つの詩的なカプリス」として出版されたときに
出版者、マイソニエールによって付けられたもの。
私は見ていませんがリストの伝記映画「わが恋が終わりぬ」の
主題曲として使われたとか。

左右で交互に弾かれるのアルペジオ上に
美しい旋律がのった曲です。
少し物憂げでセンチメタルだから「ため息」と
付けられたのかもしれません。

ラ・カンパネラに引き続き、フジコさんの演奏で。




nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 2

どれみ

ため息、綺麗な曲ですね。フジコさんの演奏、生で聴いてみたいです。
by どれみ (2013-08-20 12:59) 

真珠

どれみさん、ため息はよい曲ですよね!
リストはさまざまな感情をわりと分かりやすく
音にしてくれている気がします。
フジコさんは独特な魅力がありますね。
生で聴く機会がありますように。
by 真珠 (2013-08-20 23:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1